借入の目的は

ヘリコプタータイプのラジコンがあると思います。
完成品を購入すると安くても数万円。
高いものだと、100,000円を超えてしまうものも存在しています。
そういったものを趣味としている友人があるのですが、
かなりお金のかかる趣味としてよく愚痴を聞きます。
確かに、燃料の費用もかかりますし、いろいろとこまごまとするお金がかかってしまうようです。

そのヘリコプタータイプのラジコンですが、
新作が出たようでどうしても欲しい事があったそうなのですが、
お金が足りなくなってしまったそうです。
それでもどうしても欲しいという事で、購入しようか迷ってしまったそうなのですが、
この機会を逃すとなかなか購入できない事もあるかもしれないという事で、
借金をしての購入を決定したそうです。
友人に借りても良いのですが、趣味のために借金をするという事はちょっと恥ずかしいという事で、
消費者金融業者を利用したという事です。
消費者金融業者でしたら、
そのような恥ずかしさもないという事で気軽に利用することにしたという事です。

実際に借入れの時には借入れする目的を記入したそうです。
「趣味のため」という記入をしたそうですが、問題なく借入できたそうです。
消費者金融はあまり使途については口うるさくないとよく言われていますが、
それは本当の事だったようですね。

おまとめローンを借入利用

今では多くの金融機関からおまとめローンが提供されています。

おまとめローンは、複数の金融機関から借入がある人が、1つにまとめてしまうためのローンですが、このおまとめローンとして借入利用できるものにもフリーローンがあります。

このおまとめローンとして利用できるフリーローンは、複数の借入額を一本化するためのローンですから、複数をまとめるだけの借入限度額が必要です。

このことからわかる通り、今のフリーローンはかなり高額の利用限度額があるものがあります。

銀行や消費者金融から提供されているフリーローンの中には、複数の借入をまとめてしまえる借入額を用意できるローンがあるのです。

ただし、おまとめローンという名前で提供されているローンなら、おまとめ目的で利用するものですが、フリーローンの場合は消費者金融などは総量規制の対象にもなりますので、年収の3分の1以上の借入れができません。

キャッシングで悩んだら

お金の悩みはなかなか人に言えるものではありませんので、キャッシングで悩んだら誰に相談していいのか分からない人も多いのではないでしょうか。いくらキャッシングが身近になってきたとはいえ、お金を借りること自体は褒められたものではないので自分だけで抱えてしまう人が多いといいます。例えば利息分のみを払っているため元金が全く変わらなかったり、色々なところで借入れしてしまって多重債務になってしまったりとその悩みは極めてデリケートであることがほとんどです。また自分のことだけではなく保証人になってしまったり家族がキャッシングしたままいなくなってしまったなど本人ではどうしようもできないケースもあるでしょう。

キャッシングは利用者を守るため、消費者金融業者が法律によって規制されています。従って私たちのイメージの根底にある恐喝まがいの取立てや怖い人がやってくるなんていうことは今の時代には起こらないのです。返済日を守ったり計画的に利用するのは当たり前のことですが、万が一返済が遅れてしまうようなことがあったり返済の見込みが立てられない場合には利用している金融業者に正直に相談してみるといいでしょう。大手の消費者金融会社は個別に相談窓口を設けているところも多く、親切丁寧に対応してくれると評判です。逆に絶対やってはいけないのは返済を滞納しているにも関わらず居留守を使ったり逃げてしまうことです。申し訳ないという気持ちから逃げの体制になるのは誰でも同じですが、正直に打ち明けることで信頼を失わずに済むのです。

その他には弁護士や行政書士、消費者センターなどに相談するという手段もあります。悪質な金融業者につかまってしまったり契約時の申込書をよく読んでいないために不利な状況で契約をしてしまったなど、深刻なキャッシングの問題はプロに相談するのが一番です。もちろんトラブルを起こさないためにも事前に注意書きや利用案内をきっちり把握しておくことが先決ですが、一人で悩まなくても相談口があるということは覚えておきましょう。